Home > 見てみる > 特定非営利活動法人南三陸ミシン工房

特定非営利活動法人南三陸ミシン工房

ミシンと共に復興の道を歩みます。

カテゴリ

まちづくり


常勤スタッフの半数以上が、被災地元住民の団体です

南三陸ミシン工房は、東日本大震災で被災した女性たちを支援するために2011年秋に生まれた「ミシンでお仕事プロジェクト」が元になっています。
単なる物資支援にとどまらず、ミシンをお渡しするとともに縫製指導や販売のサポートをすることで、仕事につながったり、働くことで生きがいになってくれればとの思いからでした。
全国の方からの支援金を基に購入させていただいた家庭用ミシンをメンバーに配布し、仮設住宅でそれぞれが縫製するところからスタートしました。
各自の縫製技術、家庭での労働できる環境、時間・・・、なにもかもばらばらな中、お互いに支えあいながら励ましあって様々なことを乗り越えてきました。
2013年春にはNPO法人となり、念願の工房も完成。

現在は南三陸町と登米市、石巻市、一関市に住む15名の女性たちが参加しています。
スタート時はほぼ全員が自宅全流失のメンバーばかりでしたが、2015年には被災していない町内の方2名が加入しました。それでも、自宅は被災していなくても肉親を亡くしていたり、船を流されたりされています。
メンバー15名中、12名が自宅全流失、1名が床上浸水(ほか2名は家屋損傷なし)の被害を受け、避難所生活を経て仮設住宅暮らしとなりました。
震災から6年が経とうとする現在もそのうちの3名がいまだ仮設住宅で暮らしています(2017年3月現在)。

活動内容

活動を開始して半年経った2012年春。
いつまでも被災者として、支援品をもらってばかりではいられない。
私たちでもというより、私たちでなければ発信できないものを作ってオリジナル製品を作ってみよう!
ボランティアで参加してくれたデザイナーの方と考えて生まれたのが「がんばっぺし!!Bag」でした。
「がんばっぺし」は、こちらの方言で「共にがんばろう」の意味です。
 
被災した私たちも全国の皆さんからの支援でこうしてミシンに向かって頑張っています。
私はわたしの場所で。
あなたもあなたの場所で。
それぞれ、がんばっていきましょう。
そんな思いを込めて小さなミニトートバッグに「Hang in there!」の文字を入れて製作販売を始めました(発売当初はCarry your weight!の英文字でした)。
 
被災者が励ましのメッセージを添えて作った小さなトートバッグは大変な反響を呼び南三陸ミシン工房オリジナル製品第一号はたくさん売れました。
 
2016年からは、オリジナル製品のほとんどに「Hang in there!」のタグを縫い付けて製作開始。
より多くの人に南三陸の女性のメッセージを届けたいと思っています。
 
がんばれ東北
がんばれ自分

スタッフ紹介

代表 熊谷 安利

集まる場所もないままに活動を始めて6年になりますが、皆様のおかげで工房もでき、工業用ミシン等の設備も整ってきました。私たちが作った小物を通じて南三陸町の今の様子とそこで生きる人々のことを伝えていければと思っています。

レポート

レポートなし

団体概要

団体名 特定非営利活動法人南三陸ミシン工房
住所 宮城県本吉郡南三陸町歌津字田表42-1
電話 0226-29-6528
FAX
代表者名 熊谷 安利
設立年月日 2013年3月
団体人数 15 名
サイトURL
メールアドレス
facebook https://www.facebook.com/mishinkoubou/

大きな地図で見る